カテゴリ:ポジャギA la Carte( 9 )

秋の三大噺

d0077398_9374440.jpg

左:秋の茶菓褓  28×28cm   2006
  オニャンギョン、ハンナ、スッコサ
中:四角繋ぎのポジャギ 28×28cm  2006
  オニャンギョン、ハンナ、ノバン
右:Autumn Story   32×32cm  2006
  オニャンギョン、ハンナ


「オンヤン絹」という表示で購入した薄絹、実は「オニャンギョン」という名称だったことがつい最近判明。薄く張りがあって扱いやすい布地だ。秋の気分にぴったりの色(しかなかった)ので、四角繋ぎのバリエーションで小品を作ってみた。

ちょっとアップに…

d0077398_9475515.jpg
d0077398_948975.jpg
d0077398_9481633.jpg

[PR]
by yacinta | 2006-10-04 09:50 | ポジャギA la Carte

四角繋ぎの試み

d0077398_141342100.jpg


四角繋ぎ 39×39cm 2006
シャンタンミョンジュ、コッタン

選んだ色ではなく、余った色をどう使うかが、この度の課題。
こういう試みには四角繋ぎが最適だ。余計なことを考えず、配色だけに気を使うことができる。
シャンタンミョンジュが12色。くどい色ばかりだが、3cm四方くらいのサイズだと思いのほか合っちゃうところが面白い。
糸はオレンジのみ。
つまみ代わりには、シャンタンミョンジュの切れ端を紐状にしたものを使った。
トップはそのようなわけで、ありあわせだが、ボーダー兼裏地にはさんざん迷ったあげく、黄色味の強いクリーム色のコッタンを選択。
ただ、こちらも半端に布地が余っていたため、模様合わせできなかった点が悔やまれる。

d0077398_14205313.jpg

[PR]
by yacinta | 2006-09-18 14:21 | ポジャギA la Carte

小物の愉しみ 2

d0077398_9134823.jpg


チョガッポの小額 内寸ハガキ大
スッコサ

ただもうサンチムで繋いだだけというハギレだが、絵柄が面白いと思ったら、とりあえずはフレームに入れておく。端の始末も裏づけも考えなくていいし、何よりこうしておくと汚れずシワにもならないのが有難い。
コレもそのうち、何かのパーツになってしまうと思うが……
[PR]
by yacinta | 2006-08-28 09:19 | ポジャギA la Carte

額装

d0077398_110479.jpg

額装 太子サイズ 6枚 2004~2006
ノバン

元はといいえば、ソウルは「敬アート」さんから譲っていただいたノバンのはぎれ。細長いものばかりだったが、色がきれいだったので、何も考えずにサンチムで繋いでいた。
最初は…

d0077398_112164.jpg


さらに刺繍パーツなどいれてみて…

d0077398_1125373.jpg


いろいろ悩んだのだが、結局のところは分解して額装に。
これほど紆余曲折を経たノバンも珍しいのではないか。

さらにその残党が…
[PR]
by yacinta | 2006-08-20 11:09 | ポジャギA la Carte

タペストリーというか、何というか…

d0077398_202675.jpg

無題 17.5×61cm 2004
薄絹のハギレ各種

ハギレというか、コマギレの薄絹をああだこうだと並べているうちに、こうなってしまったという作品。2年ほど前のものだが、こういうパワーには最近なかなか恵まれないなあ……
土台も1枚布ではなく、細長い布を丹念に折り重ねで接いでいる。これがとても固い布で、何度か指を切った記憶がある。

全体像はこちら
[PR]
by yacinta | 2006-08-15 09:49 | ポジャギA la Carte

夏の2題

d0077398_11121291.jpg

夏のムジゲ 28×28cm 2006
オクサ、ハンナ
初夏の茶菓褓 28×28cm 2006
カプサ、オクサ

涼しげな色合わせを意識した小品2つ。 ムジゲと茶菓褓では裏の付け方やサンチムの方法がちょっと違っているが、見た目にはほとんど変わりがない。
[PR]
by yacinta | 2006-08-07 11:17 | ポジャギA la Carte

如意珠紋

d0077398_114628.jpg

如意珠紋No.1 54×55cm 2005~2006
スッコサ、ハンナ

四角繋ぎと同様、無限大のバリエーションをもつ如意珠紋。敢えて色数を抑えた分、地布に多少の遊びをもたせた。写真には写っていないが、裏地は桜染めのハンナ。濃い目の樺色がライトグリーンとグレーのボーダーに映りこんで、面白い味わいになっている(と思う)。

ちょっと拡大するとこんな感じ
d0077398_11504569.jpg
 

※この作品の撮影も、前回と同じ方のお世話になりました。

さらに角度を変えると……
[PR]
by yacinta | 2006-08-06 11:53 | ポジャギA la Carte

ボーダー再生計画

d0077398_11392964.jpg

Arcean 50×50cm 2005
ウンムンダン、トリュダン、刺繍パーツ

もともとは別の作品のボーダー部分になるはずだったもの。諸般の事情により(つまり失敗したんですね(^_^;)、ポジャギとして再生利用した。濃い臙脂一色のウンムンダンをライトグリーンとオレンジの糸でランダムに巻きかがっている。裏地と刺繍パーツの地は濃紺のウンムンダン。トリュダンの褪せたようなオレンジがなかなかよく合っている(←自画自賛かいっ!)

※この作品は撮影が超難しく、とてもとても私メの手には負えないので、写真についてはプロ級の腕を持つ方のお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。 

全体像はこのとおり
[PR]
by yacinta | 2006-08-03 11:52 | ポジャギA la Carte

暑苦しさNo.1

d0077398_2332175.jpg

festa (55×55cm) 2006
ミョンジュ古布、シャンタンミョンジュ

出た!暑苦しさNO.1!
ミョンジュ古布の迫力に追い立てられて作ったようなシンプルなポジャギ。ボーダーにさんざん悩まされたあげく、シャンタンミョンジュの黒をたっぷり贅沢に使ってしまった。作品展前日に滑り込みで完成。実際はもっと目が痛くなるような色だ。名前の由来は「田舎のお祭りみたい」という、いささか呆れ気味のご感想から。でも個人的には好きな作品。
[PR]
by yacinta | 2006-07-28 23:37 | ポジャギA la Carte